TinyMCEAdvancedプラグインで文字サイズを変更ワードプレスで記事投稿するさいに、標準では文字サイズの変更ができない。一部分だけ文字サイズを大きくしたり小さくしたりすることができないとちょっとしたことだが不便である。htmlやcssの知識が少しある方なら、たとえば
<span style="font-size: 20px;">文字サイズを拡大</span>
という記述をすればよいのだが、普通はなかなかそのようなタグを書くことは難しい。そこで、投稿画面をカスタマイズするプラグインを入れることにした。「TinyMCE Advanced」というプラグインである。ほぼ直感的に文字サイズを大きくしたり小さくしたりという操作ができるので、投稿がずいぶんと楽になるはずだ。

のブログ記事の詳細を読む

iPhoneの英語キーボードで「.com」の入力を便利にするiPhoneの英語キーボードでドメイン名の入力を便利にすることができる。メールアドレスを入力したり、URLを入力したりすることがわりと多いので、「.com」「.net」「.jp」などの入力がワンタッチで便利になるといいのにと感じていたが、実はそのような便利な機能がすでにセッティングされていた。英語キーボード画面の「スペース」の横に「.」というボタンがあり、その「.」ボタンをタップすると上部にドメイン名の一覧が表示できるしくみになっている。この画面で「.com」「.net」「.jp」などをタップすれば入力できるので便利。

のブログ記事の詳細を読む

node1200manenamazon.jpg日本一小さい農家というキャッチフレーズがぴったりの農業者が風来の西田栄喜氏。石川県能美市に在住し、3反歩(30アール)の農地で農業を営んでいる。西田栄喜氏は今年2月に「小さい農業で稼ぐコツ」という書籍を出した。農業ビジネスの教科書とも言える素晴らしい内容で、農業本としては異色のベストセラーになっている。なんと約半年で次作が出ることになった。今度は、農で1200万円!日本一小さい農業が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩...という書籍である。今度はダイヤモンド社からの出版である。これはすごい。すでにamazonでは予約可能になっていたので予約した。前作がよかったので、今作もおおいに期待できる。農業ビジネスに興味ある全ての人に読んでみてほしい。

のブログ記事の詳細を読む

自生のスイカスイカは秋の季語らしい。その理由は、スイカの最盛期が8月7日の立秋を過ぎる頃だからということだ。そういえば子供の頃は旧盆前後がスイカのピークだったような気がする。夏の終わりを感じる残暑の時期が、本来のスイカの食べころ時期だったのかもしれない。
ただし、現在ではスイカの最盛期は真夏である。日本一の産地熊本などでは5月の初夏ころには出荷開始しており、イメージ的にもスイカは真夏の風物詩である。石川県でもスイカ出荷のピークは7月。旧盆過ぎた今ではスーパーの店頭にもスイカはほとんどない。この時期のスイカは相当な名残のものだろう。

のブログ記事の詳細を読む

wpnewver.jpgワードプレスの新しいバージョン「WordPress 4.6」が発表された。わりと大きなバージョンアップである。バージョンアップには、小数点二桁目、小数点一桁目、整数部分、の3つの部分のどの数値が変わるかによって意味が違う。例えば、「4.5.3」というバージョンは、整数部分が4で、小数点一桁目が5で、小数点二桁目が3である。この場合、「4.5.4」へのバージョンアップは小数点二桁目なのでささいな修正であることが多い。また、「4.6」へのバージョンアップならプログラムの改善や機能追加を含むわりと大きな修正である。そして「5」になるとかなり大きなプログラム変更を伴うバージョンアップになる。今回のバージョンアップは「4.6」なので、わりと大きなバージョンアップである。このようなときはデータのエクスポートなどバックアップをとっておいたほうがいい。

のブログ記事の詳細を読む

wpkoushin.jpgワードプレスを使用し始めてしばらくすると「更新」の案内が目につくようになる。ダッシュボード左メニュー上部の「更新」の右横に赤丸白抜き文字で数字が3とか5とか表示されるようになる。それはワードプレス本体やプラグインやテーマなどに新しいバージョンのものが発表されたという合図である。赤丸白抜きの数字は更新できるプラグインやテーマの件数だ。
さて、この更新案内がでたらどうすればいいのか? ワードプレスをカスタマイズせず標準的なプラグインやテーマを使用している場合は全て更新すればよい。更新内容のほとんどは「機能追加」と「セキュリティ改善」である。とくに「セキュリティ」に関しては「深刻な脆弱性の改善」が含まれていることもあるので、すみやかに更新したほうがいい

のブログ記事の詳細を読む

win10update20160814200.jpg遠田は複数のPCを使っている。メインのマシンはウインドウズ8.1で、あとはウインドウズ7ばかり。半年前に購入したキーボードPCが唯一のウインドウズ10マシンである。ほぼ人柱的なテストのためのマシンで、32ビット+メモリ2GBと心もとないがそれでもちゃんと動いている。
さて、7月29日でウインドウズ10への無償アップグレードが終了して、8月に入ってからウインドウズ10に大型のバージョンアップがあった。「Windows 10 Anniversary Update」である。8月2日から公開されており、Windows Update経由でなくマイクロソフトWEBサイトからのダウンロードならすぐにインストールできる状況になっていた。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加