google+に自動保存されたGoogle+の写真の自動バックアップ機能は便利で快適だ。スマートフォンで撮影した写真を自動でクラウド上にバックアップしてくれるうえに自動補正したりおまかせビジュアルという機能でモーション画像などが追加機能を付加してくれたりするのもいい。しかし、調子にのって使っていると、自動バックアップが約1万枚になったとき、Googleのストレージの残り容量が少なくなっているという警告が出た。GmailとGoogle+の写真で合計15GBまでが無料で使える容量の上限で、調べてみるとすでに14GBを超えていた。写真だけで7GB程度を消費していたので、一旦写真はすべて削除することにした。
なお、Google+の自動バックアップ写真を一括削除する方法がGoogleのヘルプになく、やり方がわかりにくかったのでここに記録のために手順を残しておくことにする。

のブログ記事の詳細を読む

セミナ告知川北町商工会で8月20日夜にWEBマーケティングセミナをさせていただく。川北町商工会は石川県内で最もエリア人口が少ないため部会も少ない。製造業や建設関係が同じ部会となっている。今回はそのような方々を対象としたWEBマーケティングセミナである。
川北町商工会は小さいけれど、川北の大花火大会を実施したり会員の活動が活発だったりと、非常に活気がある商工会である。このやる気、元気をさらに促進するお手伝いができれば幸いである。

のブログ記事の詳細を読む

paperdpragon目が追いかけてくるペーパードラゴンがある。左右に角度をずらしてみると、なんとドラゴンの目線が追いかけてくる。右にいっても左にいっても目線が合う。まるでドラゴンが振り向いているかのように見える。このペーパードラゴンには電気や機械じかけはない。本当にシンプルな紙工作でできるものだ。
実は、これは人間の目の錯覚を利用したもの。ドラゴンの顔の部分は出っ張っているのではなく引っ込んでいる。しかし、人間の脳はこのような立体のものは「出っ張っている」というように記憶・認識している。そのため、引っ込んでいる部分の目が出っ張っている部分ととらえるため、ずっと目が追いかけてくるというように感じてしまうのだ。

のブログ記事の詳細を読む

粟津演舞場の座布団粟津演舞場に初めて行った。粟津演舞場は2014年4月にリニューアルオープンした加賀地区唯一の芝居小屋。粟津温泉のエリア内にある文化施設で、今年は毎月のように落語などのイベントが計画されているようだ。今日の目当ては柳家喬太郎の落語。サンキュー落語ということで柳家喬太郎・曽世海司の二人が二席づつ落語をするという企画だった。まず最初に柳家喬太郎が出てきて一席古典落語。のっけから真打ち登場で一気に盛り上がった。曽世海司は舞台俳優だということだが、どうして落語がうまい。古典と新作の二席をこなし拍手喝采。そしてトリはやはり柳家喬太郎で「いで湯の女(ひと)」という新作落語。粟津温泉にちなんだいい落語だった。
※青い座布団は最後に柳家喬太郎が落語を演じたあとのままで裏返されていない座布団

のブログ記事の詳細を読む

JIMDOが新しくなったJIMDOが新しくなった。WEBサイト「http://jp.jimdo.com/」も一新しスタイリッシュになった。新JIMDOはデザインテーマの新しいテンプレートが多数追加され、管理画面も変わった。既存のみんビズやJIMDOユーザーが新しい管理画面にするためには、移行のボタンをクリックする必要があるが、その作業は1回だけ。
なお、みんビズの新規募集は9月末まで。今なら有料のJIMDOproと同じみんビズが初年度無料で使いはじめることができる。みんビズは一年後にJIMDOproとして使い続けることができるので、今ならとてもお得だ。

のブログ記事の詳細を読む

とうもろこしがカラスにやられた裏庭で育てていた黒もちとうもろこし。あと少しで収穫できるというときに獣害にあってしまった。民家の真ん中での獣害ということで、犯人は猫か?犬か?カラスか?タヌキか?イノシシか?
このあたりは犬や猫を飼っている家も多く野良犬はほとんどいない。民家が立ち並ぶところなのでさすがにタヌキやイノシシは見たことがない。被害を受けた黒もちとうもろこしはちゃんと皮をむいておいしい黒い実のところだけきれいに食べられている。たまたま隣の家の人がカラスがとうもろこしをついばんでいるのを見つけ追い払ってくれたという情報が入った。どうやら犯人はカラスらしい。かしこいやつだ。

のブログ記事の詳細を読む

Awesome Screenshot: キャプチャー「Awesome Screenshot: キャプチャー」というクローム拡張機能(アプリ)を使っている。このアプリのよいところはWEBページの好きリーンショットを簡単に保存できることである。最近のWEBサイトのページはスマートフォン対応もあり上下に長いページが増えている。広告からの導線となるLP(ランディングページ)も同様に上下に長いページが多い。このようなページを画像で保存するのにウィンドウズのスクリーンショットだと画面に入りきらない部分が画像にできない。そこで、このようなスクリーンショットを画像形式で保存できるアプリを使う。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。 このエントリーをはてなブックマークに追加