syoutensyouta.jpg人気テレビ番組の笑点の司会者が変わった。先週までは桂歌丸が司会を務めていたが、今週から笑点の司会は春風亭昇太だ。意外な抜擢のような意見も多いが、実は春風亭昇太は経験豊富な56歳で笑点二軍といわれる場で司会をずっと務めていて能力的にはバッチリの適任である。昨年、福井で春風亭昇太の落語を聴いた時に話術の実力を実感した記憶がよみがえる。
ともあれ、笑点は新時代になった。春風亭昇太の席のあとには林家三平が入った。林家三平は先代の林家三平の次男で、林家いっ平という名で活躍していたが、落語のほうでも活躍しており、2003年に真打昇進、2009年に林家三平を襲名していた。

のブログ記事の詳細を読む

海と土能登島のタコ漁師としてTVにも何度も登場している有名人の平山泰之氏が金沢市片町に和食の飲食店を出すことになった。6月1日オープンで着々と準備を進めている。本日はプレイオープンということで実際にオープンを想定した訓練としての営業日。ちょっとおじゃましてみた。
能登島の漁師だけに、海の幸を中心としたメニュー構成になっている。刺し身の盛り合わせは10種の魚があって1000円程度というのはびっくりだ。能登の食材や地酒も豊富に使っていて料理内容もすばらしいのに、意外にリーズナブルな料金。好きなものを食べて飲んで一人あたり客単価は5000円以下におさまりそうだ。すばらしい。

のブログ記事の詳細を読む

お店ばたけセミナーISICO(石川県産業創出支援機構)お店ばたけでは毎年無料のネットセミナーを開催しており今年も開催する。このセミナーは、Webサイトを開設済(開設予定)の意欲ある経営者及び担当者等を対象にした基礎講座(初心者向け)である。セミナーは3回シリーズで、「ネット販売の基礎知識~ ネット販売の原点」、「ネット販売の基礎技術~基本的なSEO対策」、「ネット販売の基礎技術~アクセス解析の基礎」というテーマで日を変えて実施される。
遠田は3番めで7/13午後の「ネット販売の基礎技術~アクセス解析の基礎」で講師を担当させていただくこととなった。

のブログ記事の詳細を読む

北陸新幹線の影響でストロー現象はおきたかどうか北陸新幹線が開業した2015年に北陸の観光ビジネスは大きく変化した。首都圏から石川県や富山県に観光で来県する数が倍増したのではないかと思えるくらい増加している。観光だけでなくビジネスなどを含んだトータルでも3割以上は伸びている。(出典http://dentsu-ho.com/articles/4036)
そんな中で気になっていたのはストロー現象である。ストロー現象とは、地方と都市部の交通の便がよくなることで、地方の人が都市部に移動してしまうことである。地方の人口が都市部へと移動する様相が、ストローで吸い寄せられるようなことからついた名前だ。はたして北陸ではストロー現象は起きているのかどうか?

のブログ記事の詳細を読む

機械に奪われる仕事 オックスフォード大学のオズボーン教授は「機械に奪われる仕事」という論文を2013年に発表した。その後、この論文はあちこちで波紋が広がった。この先なくなってしまう職種について具体的に指摘されていたからだ。
機械に奪われる職業ランキングの上位で、1位は小売販売員、2位は会計士、3位は一般事務員となっている。いずれもコンピュータや通信の発達により人がいなくても処理できるようになることが容易に想像できる職業である。2位の会計士はアメリカの論文なのでアメリカの事情を表しているため、日本では税理士を筆頭に、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士などの士業などにも影響があると考えられる。

のブログ記事の詳細を読む

act2020和歌山開催中小企業診断士の勉強会仲間の集まりで昨日から和歌山県に来ている。今日は全員の近況報告の日である。昨日も使わせていただいた中小企業家同友会の会議室が会場である。今回は各自がばらばらに宿泊施設をとっているので各自が直接会場に参集し午前10時から近況報告会を開始した。
近況報告では各自のこの一年の活動状況などやこれからのことなどが聞けた。隣の家の火事で延焼した災難とその後の保険会社との交渉の話。ビジネスモデルを変えるため社名を変更するという話。業績好調で社員採用を増やし13名の社員を雇用するIT社長の話。どれも興味深い内容だった。

のブログ記事の詳細を読む

伊太祁曽神社act2020という中小企業診断士仲間のオフ会(勉強会)で和歌山県に来た。JR和歌山駅に集合してから貴志川線のたま電車に乗り、伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)に向かった。降りた駅は伊太祈曽駅で片道310円だった。駅から数分歩くと伊太祁曽神社、道はほぼ一本道なので迷わずに到着。伊太祁曽神社では若い神主さんから、お話をうかがった。神社のいわれや神話から地域おこしの話まで幅広い内容だった。貴志川線が10年前に廃線の危機に直面したさいに展開した神社の関係性がおもしろかった。民間活力を結集するポイントとして大きな貢献があったようだ。今や、神社も単に宗教行事だけを行なうのではなく、地域おこしやコミュニティビジネスにも関わっていることがわかった。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。 このエントリーをはてなブックマークに追加