エクセル2010の「.xlsx」拡張子のデータをエクセル2000で読むにはオフィス互換パックかgoogleドキュメントを使う

Officegokanpack 最近のマイクロソフト・オフィスに付いているエクセル2010の拡張子は「.xlsx」となっており、エクセル2003以前の「.xls」と違い、最後に「x」が付く。これは「.xlsx」と「.xls」が別のファイルであることを表している。つまり、エクセル2010で作成したエクセルデータは「.xlsx」という拡張子がつき、エクセル2003ではそのまま読めないデータ形式である。
エクセル2003以前→ファイルの拡張子(*.xls)
エクセル2007以降→ファイルの拡張子(*.xlsx)
ではエクセル2000やエクセル2003で、エクセル2010のデータは読み書きできないのか? 大丈夫、「オフィス互換パック」という無料のプログラムをマイクロソフトのホームページからダウンロードすれば読み書きできるようになる。いったんインストールしておけば、エクセル2000やエクセル2003でも「.xlsx」のファイルを読むことができる。

オフィス互換パックはマイクロソフトアップデートでダウンロード

▼オフィス互換パックをマイクロソフトアップデートでダウンロードするならこちらから

マイクロソフトアップデートでダウンロードする オフィス互換パックは
マイクロソフトアップデート
でダウンロード
できる。

 

必要なかたは上記のダウンロードをクリックしてマイクロソフトのサポートサイトからダウンロードしてはどうだろうか。このオフィス互換パックはマイクロソフトが無償提供しているフリーソフトなので追加料金はいっさいかからない、完全無料なので安心だ。

 

互換パックでない方法ならグーグルドキュメントがおすすめ

また、グーグルドキュメントを使うことでもエクセル2010のxlsxファイルを読み書きすることができる。
gmailで添付ファイルがある場合、エクセル2010のxlsxデータがあると
>gmailnで添付ファイルを読む

というように「表示」、「googleドキュメントで開く」、「ダウンロード」という3つの選択肢が用意されている。「ダウンロード」した場合は、エクセル2007かエクセル2010でないと開けない。上記の互換パックを入れておけばエクセル2000でもエクセル2003でも読み書きができるようになる。
しかし、ちょっと読むだけなら「表示」か「googleドキュメントで開く」を選ぶと便利。とくに「googleドキュメントで開く」を選ぶと読むだけでなく編集することもできるようになる。

googleドキュメント」はgoogleが提供しているクラウド型のWEBサービスで、エクセルやワードなどの文書をブラウザで読み書きして編集することができる。編集したデータはWEB上に保存できるクラウドサービスで、基本的には誰でも無料で使えるのがいい。(アカウント登録とログインは必要)

エクセルやワードは、いまだにオフィス2000か2003を使っているという人が多い。理由はオフィス2007から導入されたリボンインターフェースが使いにくいからだという声をよく聞く。また、マイクロソフトのホームページから「オフィスアップデート」が消えてからしばらく経った。

エクセルやワードはビジネスでは必須といえる表計算や文書作成のソフトなので、あまり大きな変化をするよりも長く安定的に基本機能を使えるようにしてほしいものだ。

▼エクセルに関連するブログ内の記事

参考になれば幸いです。

当ブログでは中小企業者の経営やインターネット活用マーケティングに役立つ内容を意識して代表の遠田幹雄本人が書いています。毎日書いていますので、ときおりは息抜きの雑多な内容のブログ記事もありますがご寛容くださいませ。

人生、常に学習が必要です。生涯学習の必要を感じたらネットで学ぶスクールで資格試験にチャレンジしたり、勉強会に参加したりして、自分自身を磨き続けることが必要ですね。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。 このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「http://www.tohdamikio.com/2012/02/2010xlsx2000-9c.html」をQRコードで表示
この記事のURL「http://www.tohdamikio.com/2012/02/2010xlsx2000-9c.html」をQRコードで表示「http://www.tohdamikio.com/2012/02/2010xlsx2000-9c.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。