iPhone、iPodtouch、iPadを探す方法はパソコンなどでブラウザを開き「icloud.com」にログインする

iPadを探すiPhone、iPodtouch、iPadなどのアップル製品が無くなった時に探す方法がある。先日もこの方法で盗難にあったiPadを探して犯人を逮捕したというニュースがあった。その方法とは、「icloud.com」にログインするとわかる。左の画像はパソコンから自分のiPadを探し、発見されたiPadに表示されたメッセージ。このようなメッセージを出すこともできるし、発見した場所をパソコンで表示することもできる。

iPadを探すためには、パソコンなどでブラウザを開き「icloud.com」にログインする。
「icloud.com」にログイン
自分のIDとPWでログインすると、自分が登録しているiPhone、iPodtouch、iPadを探すことができる。ログイン直後の画面で「iPhoneを探す」というメニューアイコンがあるのでクリックする。すると自分が所有しているiPhone、iPodtouch、iPadは「マイデバイス」として表示されている。
以下の画面は、遠田幹雄が所有しているiPodtouchとiPadが表示されているところ。探したい機器(今回はiPad)をクリックすると「サウンドを再生またはメッセージを送る」「リモートロック」「リモートワイプ」「このiPadの位置を検出したらメールで通知する」というメニューが表示される。 「サウンドを再生またはメッセージを送る」をクリックしてiPadに表示したいメッセージを記入した。

iPadを探す

iPadを発見すると、地図にiPadを発見した場所を表示する。
iPadを発見

iPadを探すパソコンでは発見したiPadの位置を表示し、iPadでは「重要なメッセージ」として先ほどパソコンで記入したメッセージが表示されると同時に電子音が再生される。iPadの電子音は「OK」を押すまで再生されるようで、探すときにはこの音を頼りにできる。
これはなかなか便利な機能である。

なお、この機能を使う際は必ず自分のiPadにはiCloudを設定したうえで、iCloudの設定画面で「iPadを探す」をオンにしておかなければならない。iPhoneでもiPodtouchでも同じ。

iPhoneを探すiPhoneを探す方法がアップル社のホームページで紹介されている。
以下引用(http://www.apple.com/jp/iphone/built-in-apps/find-my-iphone.html)より

iPhoneの場所をマップに表示します。

何かをどこかに置き忘れるのは、ありがちなこと。iPhoneをなくしてしまった時は「iPhoneを探す」機能が見つけるのをお手伝いします。万が一の時に備えて、「設定」画面で「iCloud」をタップして「iPhoneを探す」を有効にしておきましょう*。iPhoneをどこかに置き忘れてしまったら、手元にあるコンピュータのウェブブラウザでicloud.comにサインインするか、別のiPhone、iPad、iPod touchで「iPhoneを探す」アプリケーションを使いましょう。iPhoneがあるおよその場所をマップ上に表示させることができます。あなたのiPhoneでこの機能をオンにするのはとても簡単。シンプルな操作で、すぐに設定できます。

「iPhoneを探す」機能をセットアップは簡単なので、自分のiPhone、iPodtouch、iPadには設定しておきたい。

当ブログでは中小企業者の経営やインターネット活用マーケティングに役立つ内容を意識して代表の遠田幹雄本人が書いています。毎日書いていますので、ときおりは息抜きの雑多な内容のブログ記事もありますがご寛容くださいませ。

人生、常に学習が必要です。生涯学習の必要を感じたらネットで学ぶスクールで資格試験にチャレンジしたり、勉強会に参加したりして、自分自身を磨き続けることが必要ですね。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。 このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「http://www.tohdamikio.com/2012/02/iphoneipodtouch.html」をQRコードで表示
この記事のURL「http://www.tohdamikio.com/2012/02/iphoneipodtouch.html」をQRコードで表示「http://www.tohdamikio.com/2012/02/iphoneipodtouch.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。