Bitcoin (ビットコイン)は国境を超えて使える電子マネーでMtgoxという両替所で日本円と交換できる

mtgoxBitcoin (ビットコイン)という電子マネーが話題になっている。ビットコインは中央銀行を持たない通貨であり、オープンソースと暗号技術でインターネット上でしか存在しない。2009年に運用開始された。送金手数料などが一般の銀行より格安なのと、世界中どこにでも資金を転送できる便利さから利用者が増加している。2013年に投機筋の資金が流入したことでバブルが起きたと報道されている。2013年11月にはビットコイン一日の取引金額はペイパルを超えたそうだ。
1ビットコインの単位は「1BTC」と表示され、「Mtgox」と称する交換所を介すれば世界各国の通貨と交換できるようになっている。現在の1BTCは9万円前後。MT.GOXの画像ではLast93,454.569円が表されている。

日本ではビットコインの利用が少ないが、そもそもビットコインの基本概念は中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る日本人らしい人物によって投稿された論文だそうだ。日本でもこれから運用が増えるかもしれない。

ビットコインを使うには、ピアツーピアのソフトをパソコンにインストールする方法が一般的なようだ。専用ソフトをダウンロードしジックすればマイウォレットを開設することができる。

しかし、これから運用を検討しよという場合は交換所を使うのが手っ取り早い。日本の渋谷にあるビットコイン交換所「Mtgox.com」にオンラインサインアップすれば約3週間程度でアカウントが作成され、運用開始できる。

世界各国の金融当局からも熱い視線が送られているビットコイン。これからの金融と経済には、電子マネーの存在がますます大きくなっていくだろう。

▼以下、ビットコインの関連情報

ビットコインとは
https://www.weusecoins.com/ja/

ビットコインについてのFAQ
http://www.bitcoin.co.jp/faq/faq.html

ビットコインの現在の相場(交換レート)
http://www.bitcoinx.com/

ビットコインのマイウォレットをダウンロードして作成する
https://www.weusecoins.com/ja/getting-started
http://www.bitcoin.co.jp/(現在こちらのほうが最新版あり)

ビットコイン財布に簡単にログインするマイウォレットを作成する
https://blockchain.info/ja/wallet/

ビットコイン交換所(日本の渋谷にある世界最大の交換所
https://www.mtgox.com/
Mt.Gox AML
150-0002
東京都渋谷区渋谷2-11-5
CROSS OFFICE 渋谷Medio 2C

ビットコイン発掘(マイニング)に参加する
http://www.bitcoinplus.com/
※ビットコインを運用したい方にとっては直接関係ないので参加しなくてもよい(かなりパソコンのリソースを使うようで、若干のビットコインを稼げるが、そのために稼働させるパソコンの電気代のほうが高いのではないかという説あり)

当ブログでは中小企業者の経営やインターネット活用マーケティングに役立つ内容を意識して代表の遠田幹雄本人が書いています。毎日書いていますので、ときおりは息抜きの雑多な内容のブログ記事もありますがご寛容くださいませ。

人生、常に学習が必要です。生涯学習の必要を感じたらネットで学ぶスクールで資格試験にチャレンジしたり、勉強会に参加したりして、自分自身を磨き続けることが必要ですね。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。 このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「http://www.tohdamikio.com/2014/01/bitcoin-mtgox.html」をQRコードで表示
この記事のURL「http://www.tohdamikio.com/2014/01/bitcoin-mtgox.html」をQRコードで表示「http://www.tohdamikio.com/2014/01/bitcoin-mtgox.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。